COMPANY

すべての人に
Happyを!

私たちの存在意義は、この短い「社是」に集約されています。事業や作品づくりを通じて関わるすべての人にHappyを届けたい。働くスタッフ同士も、そしてスタッフ自身もHappyでありたい。そんな仕事場でエンターテインメント作りに携われたら最高です。日本語の「幸せ」ではなく「Happy」としたのは、私たちの仕事はワールドワイドに及ぶ、世界中へ向けた仕事だから。これからも全世界のあまねく人へ、「Happy」をお届けします。

COMPANY

WORKS

ゲームとキャラクターの会社です

主要業務は家庭用、業務用、ソーシャル等のゲームソフト開発事業と、キャラクターライセンス事業です。ゲームは自社開発と大手各社の開発を請け負う業務委託の二本立て。委託先には大手ゲーム会社、担当作品には有名タイトルが並びます。キャラクターはライセンサー、ライセンシーを両方行っています。物販の関係で開発員自らがフィギュアスケートの公式試合・アイスショーなどへ出張することも。「フィギュアスケートの試合で物販をするゲームグラフィッカーやプログラマー」がいる、唯一の会社です。

WORKS

MEDIA

現代版「人的会社」のモデル企業

2006年、日本において行われた120年ぶりの会社法改正の目玉が「合同会社」制度の設立でした。スタジオフェイクは、この「合同会社」という新しい会社形態のモデルになった企業のひとつで、2006年には多数のマスコミ、メディアから注目を浴びました。
「すべてがモノやお金でつながるだけの物的会社は、私たちの目指すところではない。現代版人的会社とはなんだろう?」と考え抜いた私たちの創業姿勢は、国の未来づくりにも貢献しています。

MEDIA

STAFF

社名「スタジオフェイク」!?

2000年に創業してから一度も変えていない社名。これ、変でしょう?
フェイク、という言葉には嘘や裏切りのニュアンスが強いのですが、私たちが考えたのは「半歩先の驚き、意外性」。スポーツでフェイントを使う、あんな感覚でした。さらに「フェイク」には「リアル」の対語として意味もあります。
現実に対し、ゲームというかりそめの世界を作り上げる、創作の場。
「スタジオフェイク」、そんな意味が込められています。

STAFF

RECRUIT

ニューカマー歓迎、外国籍でも安心!

フェイクの社風やフィロソフィーは簡単に表現できません。
日本人もいれば外国籍のスタッフもいる。
20代から50代まで、男女幅広い年齢層が集っているのに、アットホームでみんな仲良し。仕事には真剣だけれど、笑顔いっぱいでおもてなしの心も、ユーモアもたっぷり。
専門の仕事はあるけれど、バラエティ豊かな仕事に楽しく取り組みたい方にはぴったりの会社です。
社風を見て「ここだ!」とピンときた方、ご応募をお待ちしております!

RECRUIT